看護と福祉について

病院や施設などで、患者や利用者、そしてそこに働く人たちの命や健康を守り、病気や怪我などをしたときの心身の支えになってくれるのが看護の仕事。
似たような状況下で、施設の利用者や患者さんなどがより快適に日常生活を送れるようにするのが福祉分野、介護の仕事です。
看護師は医療分野や医療行為にも関与し、人の命にもかかわる業務があることなどから、その資格がなければ業務につくことが出来ない業務独占資格ですが、福祉分野はそういった業務独占資格の職種は存在しません。
あったほうが有利に働くことが出来る名称資格として、社会福祉士や介護福祉士、ケアマネージャーなど実にさまざまな職種があります。
福祉分野の資格のほとんどは、その業務に若干携わりながらでも資格を取得することが可能です。
看護職とよく比較される福祉分野の職種は、介護福祉士。
病気や怪我、高齢などで日常生活に支障がある人たちのサポートをするのが仕事であるのは二つの職業の共通点です。
常に人と接する看護師と介護福祉士は、笑顔や優しさが重要なポイントです。
しかし、常に患者さんや利用者と向き合わなければならないし、仕事もハードで非常にストレスの多い職種でもあります。
家族に要介護者を抱える人は、金銭的なことや介護と仕事の両立、介護疲れなどの悩みを持っています。看護師や介護福祉士の存在は、要介護者本人だけでなくそういった家族にとっても大きな支えとなるでしょう。このように介護の現場で人の役に立つことを目標にして、病院から福祉施設へ転職をする看護師のかたもいるようです。

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website